カテゴリー: 加圧シャツ

加圧シャツのめまいを防ぐには?  おすすめの4つの対策

加圧シャツは、体にピッタリと密着して適度に圧迫することで、姿勢の矯正や体の引き締めに効果を発揮してくれます。

ただし、適当な使い方をしてはいけません。

使い方によっては、めまいを引き起こしてしまう可能性があるのです。

では、加圧シャツを着てもめまいを起こさないための対策について、詳しく説明していきましょう。

無理のないサイズを使う

加圧シャツの効果は、体をぴっちりと覆う生地が、適度な圧迫を行うことで発揮されます。

それにより、猫背のような悪い姿勢を改善したり、ポッコリと出たお腹を引き締めたりすることができるのです。

また、圧迫により体幹が鍛えられると、基礎代謝が上がります。

そのため、普段から着用する時間を増やすことで、ダイエットのサポートも期待できるのです。

このような優れた効果を、さらに高めることを考えたときは、自分に合わない小さいサイズを使ってしまうことがあります。

サイズを極端に小さくすれば、圧迫が強くなるため、体を引き締めたり代謝を上げたりする効果が、より高くなると考えてしまうのです。

しかし、それはNGな方法になります。

加圧シャツのめまいは、無理に小さいサイズを使い続けたときに、よく起こってしまうものなのです。

不快感のないものを

加圧シャツの機能では、体を圧迫することが重要なポイントになることは確かですが、何事にも限度というものがあります。

適度な圧迫を超えて、やりすぎてしまった場合は、血流が悪化し、めまいが起きやすい状態になってしまうのです。

そのため、小さすぎるサイズを無理に使うようなことはしないでください。

着ていると不快感があったり、苦しくなったりするものは避けるべきです。

それはサイズが合っていないという危険信号なので、早急に使用を中止して、ワンサイズ大きいものに変更するようにしましょう。

きちんとサイズを合わせて、快適に着用できるものを選んでおけば、めまいが起きるようなことはありません。

加圧シャツは、おかしな使い方さえしなければ、基本的に安全なアイテムなので、常識的な使い方を心がけるようにしましょう。

眠りを妨げないためにも

加圧シャツは、24時間いつでも着用できるものであり、寝るときにも使うようにすると、さらに効果を高めることができます。

しかし、その方法ができるのは、きちんと自分に合ったサイズを選んだときだけです。

サイズが合っていない場合は、当然ながらデメリットが出てきます。

あまりきつく圧迫するものを着ていると、熟睡できなくなってしまうのです。

まったく眠れないことはないとしても、眠りが浅くなる可能性は高いため、睡眠不足で体調を崩す恐れがあります。

そんなことでは、めまいを防ぐこともできなくなります。

したがって、安全に加圧シャツを使うのであれば、適切なサイズを選ぶという注意点は、必ず守るようにしてください。

不快感や苦しさのない加圧シャツなら、寝るときも快適に使うことができるのです。

重ねない

加圧シャツを使うときのめまいを防ぐなら、無茶な使い方は決してしないでください。

正しい使い方ができなければ、どんな不具合が起きてもおかしくはないのです。

そこで注意しておきたいのは、自分に合わないサイズを無理に使うことだけではありません。

加圧シャツを2枚重ねにする方法も、めまいを引き起こす原因になってしまいます。

本来なら1枚ずつ使うはずの加圧シャツを、あえて2枚同時使う方法は、小さすぎるサイズを選ぶ方法と同じ効果を狙ったものです。

つまり、より圧迫を強くして、加圧シャツの効果にブーストをかけるというものです。

確かに、加圧シャツを2枚重ねにすると、体を圧迫する力は強くなります。

代謝の促進による発汗も、1枚のときよりさらに多くなるため、とてもよい効果を得ることができそうですが、デメリットを秘めた諸刃の剣であることを、決して忘れてはいけません。

体を無理に圧迫すれば、血の流れが滞り、めまいが起きやすくなってしまいます。

焦らずコツコツ

2枚重ねにする方法を試したくなるときは、「もっと強い効果が欲しい」「早く結果を出したい」という気持ちがあることも多いですが、あまり焦りすぎるのは禁物です。

正しい使い方で得られる効果に物足りなさを感じると、つい裏技的な方法を試したくなってしまいますが、そうした焦りは、めまいなどの体調不良を引き起こします。

そうなると、加圧シャツの使用を中断しなければならず、結果的には遠回りになってしまうことも多いのです。

失敗しないためには、焦りすぎず、地道にコツコツと続けていくことも、重要なポイントになります。

「急いては事を仕損じる」ということわざもあるので、くれぐれも無理をしないように、安全な使い方をしていきましょう。

体調が悪いときは控える

加圧シャツを使っていて、めまいが起きてしまうようなときは、もともと体調を崩していたことが原因になる場合もあります。

例えば、二日酔いで吐き気をもよおしていたり、貧血の症状があったりするときは、どんなに正しい使い方をしていても、めまいを防ぐことは難しくなってしまいます。

他にも、低血圧や糖尿病の症状があるようなときは、かなりめまいが起きやすい状態です。

そんなときは、無理に加圧シャツを使わないようにしましょう。

加圧シャツは、基本的に健康なときに使うものであり、具合が悪いときに強引に使ったりすれば、体調が悪化する可能性は高くなります。

めまいを防ぐためにも、体調が悪いときの使用は避けて、しっかり体を休めるようにしてください。

健康的な食事をする

めまいを防ぐためには、普段の食生活を見直す方法もおすすめです。

不健康な食生活は、めまいを引き起こす原因になってしまうため、そんな状態で加圧シャツを使うのはよくありません。

体調不良につながる要素をできるだけ少なくしておけば、加圧シャツでまめいが起こることもなくなるので、食事には常に注意しておきましょう。

特に気をつけたいのは、インスタント食品を中心にした生活です。

インスタント食品に多く含まれるフィチン酸は、亜鉛を不足させてしまう成分であり、その状態が続けば、貧血のような症状が出てくるのです。

手軽に食べられるインスタント食品は、つい食べすぎてしまうこともありますが、めまいを防ぐのであれば、なるべく少なくしておきましょう。

アルコールにも注意

亜鉛を不足させないためには、アルコールの大量摂取も避けておくべきです。

アルコールを体内で分解するときは、分解酵素を活性化させる亜鉛がどんどん消費されていきます。

そのため、インスタント食品を食べすぎたときと同じように、めまいが起きやすい不健康な状態になってしまうのです。

そんなときに加圧シャツを使ってしまったのでは、めまいを防ぐことはできないので、飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

また、インスタント食品をたくさん食べ、さらにアルコールもガブガブ飲むような生活を続けていると、亜鉛の不足はかなり進んでしまう恐れがあります。

「一切断つべき」というのは無茶な話ですが、あまり偏った食生活になると危険なので、適度な量にとどめておくようにしましょう。

まとめ

加圧シャツはとても便利ですが、使い方によっては、めまいを感じてしまうことがあるので、ここで紹介した対策は、しっかり頭に入れておいてください。

常に正しい使い方をして、体調や普段の食事にも注意しておけば、めまいが起きる心配はありません。

めまいを防ぎながら積極的に加圧シャツを使い、健康を維持していきましょう。

暑い時期に加圧シャツはじつはお役立ち、でも着用時にはちょっとだけ注意をしたいもの


Warning: file(https://fuji-wara.jp/gimg_url_list.txt): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 9

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/it-kaden2/fuji-wara.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13
加圧インナー コンプレッションウェア【品質保証】お腹引き締め スポーツウェア 筋肉 Tシャツ コンプレッションインナー 補正下着 メンズ (L, ブラック)

夏の暑い時期、トレーニングで汗をかくのも気持ちのいいものです。

とはいえそれでも、あまりに暑ければ過酷なトレーニングは逆効果になることもあります。

でもそれでは、せっかく鍛えていた筋肉が駄目になってしまうのでは、と心配な人もいますね。

そんな時、加圧シャツを着て過ごすというのもちょっといい手だと思いませんか。

これなら無理なく筋肉もキープできそうですが、やはり気をつけておいたほうがいいこともあるのです。

夏の筋トレや運動は気持ちがいいと言っても

夏に汗をかかずにどうする、と言った感じはたしかにありますが、昨今の暑さは流石に運動家にも辛いものがあります。

辛いだけではなく、熱中症などの問題も起きてきますし、それによって命に関わってくる事態を引き寄せることもあります。

あまりに過酷な運動は、温度や湿度によって避けるのが賢明ですね。

特に夏の昼間、屋外での運動はこれはもう、命がけでと言っても過言ではありません。

それこそ昭和の真ん中辺りまでは、暑い時でもせいぜい28度くらいでした。

30度になればニュースになるくらいだったのです。

それが今や、30度をこすのは当たり前の事となってしまいました。

昔なら、この程度の暑さと根性入れられたのですが、現在ではこれ下手すると命にも関わることになりますので、避けたほうが賢明だと断言できます。

でも運動しないと筋肉は

筋肉というのは大変にわがままな代物で、鍛えたり良い筋肉を付けたりするのは大変なくせに、落ちるのはあっという間という贅沢ものです。

運動や筋トレをしている人、ダンサーやプロの運動選手だと本当に、敏感に自分の筋肉が失われていくのがわかるのです。

これは怖いです。

勿論そこまでは行かなくても、健康のために運動は欠かさない人も、夏場にちょっと運動を控えたら秋になって、どうも前のように動けないと自覚しますね。

筋肉が、見えなくても失われた証拠です。

またつけ直すのに、そこそこの時間もかかりますし、思うように動けないという気分の悪さも感じます。

出来ればインドアなどで補いたいところです。

しかしそれもちょっとという人には、いっそ加圧シャツの着用で夏場のトレーニングとするのはどうでしょうか。

普通の生活をしつつ、でも圧をかけて運動量を増やすことの出来る加圧シャツです。

これなら無理なく、それほど筋肉を落とすこと無く、夏を過ごせそうですね。

夏に加圧シャツを着て過ごしてみよう

夏場の運動不足を防ぐために、加圧シャツを着て生活してみませんか。

普通に通勤する時にも、休みの日に遊びに行く時にも、加圧シャツを着用してトレーニングと洒落込んでみるのも、いい感じです。

もともと加圧トレーニングの理論を使用して作られた加圧シャツです。

それなりに身体に負担をかけて、着ているだけで普通に生活するよりも多くのエネルギー消費をしてくれます。

加圧トレーニング自体は、これは専門家の指導がなければ出来ない、ちょっと過酷な運動です。

しかし加圧シャツの場合、理論は使用していますがそこまで過酷に圧はかかりません。

1日着ていても、無理のないような設計になっています。

なので使用法を間違えない限り、大きな問題はありません。

夏の運動の不足分を補うのには、最適だということです。

夏場に加圧シャツを使用するメリット

下着として着られるので冷えにも

夏場も暑さは勿論問題ですが、冷房の効きすぎたオフィスと言うのも、これまた問題です。

冷えは身体の大敵なのに、冷え切ってしまう可能性もあります。

外が暑くて下着を省略した場合でも、オフィスでは1枚着ておきたいものですね。

これを加圧シャツにすれば、冷房の効いたオフィスでも冷えを回避できます。

しかも運動不足に陥りがちなデスクワークでも、普段よりもずっとエネルギー消費できます。

つまり熱量が発散されるわけです。

そういった意味でも、冷えに対抗できるのはありがたいところですね。

暴飲暴食が出来ないので

勿論夏場、水分の補給を怠ってはいけません。

脱水症は非常に怖い症状です。

しかし仕事の後、やはり夏は冷えたビールでしょ、とついついビアホールに繰り出していませんか。

ビールは残念ながら、水分の補給にはなりません。

下手をすると利尿作用によって、逆に脱水を起こすこともあります。

ついつい仕事の後に冷えたビールとおつまみのタッグに負けることはありませんか。

加圧シャツは胴回りの締め付けもありますので、この暴飲暴食に歯止めをかけてくれます。

むちゃ食いむちゃ飲みが回避できるのですね。

まさに夏の下着として、おすすめといわざろうを得ません。

常に軽い運動状態なので

加圧シャツを着ていると、常に身体に負荷がかかった状態です。

つまり、常に軽い運動をしているような感じですね。

筋肉を作るには、一気に強く大きく動くよりも、少しずつ絶えずのほうが適しています。

大きな運動量は望めませんが、筋肉のキープには適しているということです。

また上半身の締め付けのおかげで、無理な運動をすればすぐに自覚できます。

息が続かなくなるのです。

歯止めをかけて、でも無理なく負荷も掛けられるという点で、暑い時期には最適だということです。

夏場の加圧シャツを着ることのデメリットや注意点

暑い時期に加圧シャツを着用すれば、無理のない筋肉キープや軽い運動が可能です。

しかしデメリットや注意点も、勿論あります。

何しろ汗のかきかたが普通とは違う

着ているだけで常に、身体に負荷がかかっているのですから、勿論汗の出方も半端ではありません。

普通の下着で出社した時と、加圧シャツを下着代わりで出かけた時、汗の分量は大きく違ってしまいます。

これを計算に入れておかないと、いろいろと困った状況が起きますので、そこには大変に注意が必要です。

例えば汗ジミです。

ワイシャツやスーツなどの通勤着に汗ジミが出来るのは、勘弁してほしいものですね。

また汗の匂いにも注意が必要です。

満員電車の中などで、それでなくても汗をかくのですから、汗の始末は念入りにしたいものです。

加えて皮膚の弱い人の場合、汗を放置すると汗もになってしまうこともあります。

子供じゃないんだから今更汗も、と思うかもしれませんが、大人でも汗もにはなりますし辛いものです。

回避するためにも、汗の始末、タオルでよく拭く着替えは頻繁に、またベビーパウダーの使用など心がけてください。

きつすぎるサイズのものは使用しない

加圧シャツの場合身体に圧をかけるのですから、勿論普通の下着よりもサイズ的に小さく見えます。

実際普通の下着と並べてみると、その大きさの違いに驚きます。

ストレッチが良く効いているので着ることが出来るのですが、特に最初は締めつけ感が強くて違和感になる、というのは誰でも経験することです。

この締め付けが強ければ当然、圧も大きくなります。

なので少し小さめのサイズのものを利用している人も、いるかも知れません。

しかし夏場はこのサイズ、少し大きめのものに変更したいですね。

夏だけ利用という人も、少し大きめのサイズのものを購入するのがおすすめです。

暑い時期にあまり身体を締め付けると、呼吸が入りづらくなりますので、危険も伴います。

サイズにも注意してください。

気分や調子が悪くなったら即使用を中止

1日中着ていられる設計の加圧シャツですが、やはり夏は負担も大きくなります。

着ていてちょっと気分が良くない、と思った時にはすぐに着用を休止してください。

どこかで脱いで、身体を休ませてあげることが必要です。

加圧トレーニングほどではありませんが、やはり身体に負担はかかっています。

しかも長時間に渡っての使用です。

調子を見て脱ぐことも、心得ておきたいですね。

まとめ

夏場に、普通の生活だけで筋トレがある程度は出来る加圧シャツは、無理して運動するよりも身体への負担も少なく、おすすめの代替手段です。

また常に加圧シャツのお世話になっている人も、夏場はその効能を再発見するかもしれません。

暑いので何時もより運動量エネルギー消費量が増えますから、効果抜群なのですね。

しかしやはり注意も必要です。

自分のためにも周囲に迷惑をかけないためにも、そこにも注意しての夏の加圧シャツ着用、していってください。

加圧シャツはどうやって洗う?注意したい4つのポイント

加圧シャツは、その圧力で姿勢を整えたり、体を引き締めたりする効果があり、多くの人から重宝されています。

ただし、加圧シャツを使うときは、洗い方に注意しなければなりません。

加圧シャツは、通常の衣服と違い、普通に洗ったのでは、その機能を弱めてしまうことがあるのです。

では、どのような洗い方をすれば劣化を防ぐことができるのか、詳しく説明していきましょう。

洗濯機はよくない

加圧シャツの生地には、優れた耐久性があるため、洗濯機を使って簡単に洗うことができます。

そのため、他の衣類と一緒に、普通に洗濯機で洗う人もいますが、その方法にはリスクもあるのです。

洗濯機で洗うと、いくら耐久性が高いとはいえ、受けるダメージは大きくなってしまいます。

それが何度も繰り返されると、意外に早く使えなくなってしまうこともあるのです。

これは、洗濯機の中で他の衣類と絡まったり、摩擦が起きたりすることが問題になります。

加圧シャツが使えなくなる原因には、型崩れがありますが、他の衣類との接触によるダメージは、型崩れの大きな原因になってしまうのです。

したがって、加圧シャツを洗うなら、洗濯機を使うのはおすすめできません。

洗えないことはありませんが、そのリスクを考えれば、できるだけ避けるべきです。

ダメージを減らすには

洗濯機は避けた方がよいとはいえ、手洗いなどをするより、手間がかからず便利なことは確かです。

そのため、リスクを承知で洗濯機を使わなければならない場合もありますが、そのときは、ダメージを減らす工夫をしましょう。

まず、他の衣類との摩擦や絡まりを防ぐため、なるべく洗濯物の量を減らすことが大切です。

他の多くの洗濯物と一緒に洗えば、それらと接触することで、どうしてもダメージは大きくなってしまいます。

劣化が早まるリスクを少しでも軽減するには、少ない量で洗う必要があるのです。

そして、加圧シャツをそのまま洗濯機に入れないことも、重要なポイントになります。

他の衣類との余計な接触を避けるなら、必ず洗濯ネットに入れてから洗ってください。

洗濯ネットの保護があれば、加圧シャツが他の衣類と絡まったりすることはありません。

手洗いをしよう

加圧シャツにダメージを与えない洗い方としては、手洗いが最もおすすめの方法になります。

手洗いであれば、基本的に単体で洗うことになるため、洗濯機に入れたときのような、他の衣類との接触によるダメージはありません。

さらに、力の加減も自分次第であり、加圧シャツを優しく丁寧に洗うためには、最適の方法なのです。

ただし、たとえ手洗いでも、どんな洗い方をしてもよいわけではないので、注意点はしっかり押さえておきましょう。

まず、お湯を使うなら、あまり熱くしないようにしてください。

水であれば特に問題はありませんが、寒い時期などは、お湯を使いたくなることもあります。

その際、あまり熱いお湯だと、生地に負担がかかってしまうのです。

したがって、お湯を使うときは、30℃を目安に温めるようにしましょう。

それくらいの温度なら、大きなダメージはありません。

また、使う洗剤は、手近なものを適当に入れるのではなく、おしゃれ着用のものを用意してください。

なるべく衣服へのダメージが少ないものを使えば、劣化を防ぐことができます。

頑固な汚れにはつけ置き

手洗いをするとき、強い臭いや黄ばみなどは、なかなか落とすことができない場合があります。

そんなときは、ゴシゴシと強く擦ってしまいたくなりますが、それでは、洗濯機で他の衣類に擦れるのと変わりません。

それどころか、洗濯機の場合よりも強い力が加わり、さらに劣化が進んでしまう可能性もあるのです。

なるべくダメージを与えずに頑固な汚れを落とすには、力任せに洗うのではなく、汚れが落ちやすくなる工夫が必要になります。

そこでおすすめなのが、つけ置きです。

もし落としにくい汚れがあった場合は、いきなり洗うのではなく、最初につけ置きしてから洗うようにしましょう。

洗剤を溶かした水にしばらく浸しておけば、普通に洗って落ちない汚れでも、すんなり落とすことができます。

漂白剤は使わない

加圧シャツの汚れをしっかり落としたい場合、漂白剤の使用を考えてしまうこともありますが、それはおすすめできない方法になります。

なぜなら、漂白剤は、あまりに刺激が強すぎるため、生地への負担が大きくなってしまうからです。

そんな洗い方を続けていれば、どうしても劣化は早くなってしまいます。

線維がダメージを受けることで、加圧シャツの伸縮性が低下し、本来の効果を発揮できないこともあるのです。

そんな漂白剤の中でも、塩素系の商品は特に刺激が強く、加圧シャツを長持ちさせるためには向いていません。

汚れを落とすなら、漂白剤は使わず、おしゃれ着用の洗剤でつけ置きするなど、なるべくダメージが少なくなる方法を心がけましょう。

黒いものなら汚れは目立たない

漂白剤は劣化が早まるといっても、白い加圧シャツの場合、長く使っていれば、黄ばみが気になることも多いものです。

あまりひどい場合は、「少しくらいなら」という油断が生まれてしまい、あとから後悔することもあります。

それを避けるためには、最初から黄ばみが目立たない商品を購入することも、有効な方法です。

加圧シャツは、黒い商品も多く出ているので、黄ばみを気にせず使うなら、そちらを選んでおきましょう。

黒い加圧シャツなら、黄ばみが原因で使えなくなる心配はありません。

脱水と干し方にも注意

加圧シャツを劣化させないためには、洗ったあとの作業にも注意しなければなりません。

洗い方に気をつけていたとしても、脱水や干し方が適切でなければ、余計なダメージが加わることになります。

まず、脱水するときは、絞りすぎに注意してください。

軽く絞るくらいなら大丈夫ですが、雑巾のようにギリギリ引き絞ったりすると、他の洗濯物が絡まる以上の大きな負担がかかります。

あまり強く絞るのは避けて、余分な水は、タオルなどを使って吸い取るようにしましょう。

加圧シャツをバスタオルなどに挟んで押すと、うまく水分を吸収することができます。

多少手間はかかりますが、劣化させないためには、それくらい慎重に扱うようにしてください。

干すときは陰干しで

加圧シャツは、干す段階で劣化を早めてしまうことも多くあります。

そのため、加圧シャツの洗濯では、最後まで気を抜けないのです。

例えば、「日に当てた方が乾きやすい」という考えから、直射日光に長時間さらしてしまうことがありますが、その方法は色あせの原因になります。

また、少しでも早く乾かすため、乾燥機を使用したくなることもありますが、それでは縮みが心配です。

加圧シャツを干すために最も適した方法は、天日干しでも乾燥機でもなく、陰干しになります。

風通しのよい日陰を選んで干しておけば、余計なダメージが加わることはありません。

加圧シャツは、速乾性も高い商品なので、日光や乾燥機を使わなくても、十分に乾燥させることができるのです。

扇風機やエアコンの風でもしっかり乾くため、たとえ部屋干しでも問題はありません。

このように、洗うときだけでなく、最後の干し方まで気を配るようにすれば、加圧シャツの劣化は確実に抑えることができます。

まとめ

加圧シャツは便利な商品ですが、その効果をしっかり得るためには、適切な手入れをしながら、丁寧に扱うことが大切です。

そのためには、ここで紹介した注意点を意識して、なるべくダメージが少ない方法で洗濯するようにしましょう。

正しい洗い方を心がけていれば、加圧シャツの特徴である伸縮性が低下することもないため、常に高い効果を発揮してくれます。